住宅

  

注文住宅ならでは

建ち並ぶアパート

分譲住宅では完成した家を見て住宅を購入することになります。当然工事中の様子を見ることはできないのです。しかし注文住宅においては住宅の建築中の様子を確認することも可能なのです。とはいえ実際に工事中の現場を頻繁に訪れている施主は少ないのです。もちろん立地上なかなか訪問できない、仕事があるから訪問できないというそれぞれの状況はありますがそれでも現場を訪れる施主は少ないのです。 中には職人に気を使ってあえていかないという人もいるのです。しかしこれはせっかくの注文住宅のメリットを生かしきれていないというしかありません。住宅を購入するのが初めての経験であれば自宅の工事をしている様子を見ることができる経験も初めてです。そしてそんな経験は人生で何度もできるわけではありません。せっかくなら工事中の様子をカメラに収めたり作業している職人さんと知り合うなどその時しかできない体験をしっかりしておくべきなのです。

職人さんに気を使って現場に来ないという人も多いのですが、職人さんからするとそこに住む人がどの程度個の住宅に愛着を持っているのかはどの程度現場を足を運んでいるかに比例するのです。頻繁に足を運んでいる施主とそうでない施主の家なら前者の住宅のほうがより丁寧に仕事をしなければという気になるのです。もちろん施主が現場に来なくてもきちんとした質の高い仕事をすることは職人自身のためにも必要です。しかし職人も人ですからその家に住む人の顔が分かればより丁寧に仕事をしようという気持ちになるのです。更に過去に何件もの注文住宅の工事をしている職人ならではの提案を聞くことができるチャンスなのです。場合によっては建築会社以上の提案や現場作業者だから気づける提案もあります。 せっかく注文住宅を購入したのであれば積極的に現場に足を運ぶべきなのです。それも可能であれば職人が作業しているときに通うことでより充実した家づくりができるのです。